Toggle

サイト閉鎖のお知らせ

諸般の事情により、2021年5月末日をもちまして「チャンスクリエーター」を閉鎖させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして、スタッフ一同、深く感謝するとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。
セラピストの新たな働き方。-株式会社メディピタ 桑原誠一さん、寺口竜太さん

セラピストの新たな働き方。-株式会社メディピタ 桑原誠一さん、寺口竜太さん

2015年1月、株式会社メディピタは“医療・看護・介護のセカイをゴキゲンに”をテーマに創設されました。訪問事業や居宅介護支援事業のコンサルティングや、人材育成をメインに行っていますが、こちらの会社のコンサルタントは現場をよく知るセラピスト出身の方々です。 “現場での経験のほか数多くの事業立ち上げを経験してきた理学療法士...

5653
当たり前の幸せがある空間を作りたい。―NPO法人 チャイルド・ケモ・ハウス/アートディレクター 於保可那子さん

当たり前の幸せがある空間を作りたい。―NPO法人 チャイルド・ケモ・ハウス/アートディレクター 於保可那子さん

小児がんで治療中の子どもたちとその家族が、自宅のような環境で専門治療を受けられる施設が神戸にある。「チャイルド・ケモ・ハウス」。日本初の小児がん専門治療施設だ。建物内はシンプルでおしゃれ。病院とはかけ離れたデザイン性を持つが、治療を行う施設でもあるため、十分な機能性も持ち合わせている。そんな印象だ。 そこでアートディレ...

11346
枠に捉われない生き方を。変われる場所を創りたい。-林美子さん

枠に捉われない生き方を。変われる場所を創りたい。-林美子さん

「さとう式リンパケア」や「笑いヨガ」などを提供する自宅サロン『虹の根っこ』を主宰する林美子さん。看護師として医療の第一線で働き、結婚を機に一度は家庭に入ったものの、自分の枠に捉われない生き方を模索し始めたことで、自分だけではなく、周りの人が幸せになっていくことを感じ始めたという。創設して3年目の『虹の根っこ』の活動につ...

「受援力」―助けを求め、開く道。-国立保健医療科学院 生涯健康研究部 主任研究官/吉田穂波さん

「受援力」―助けを求め、開く道。-国立保健医療科学院 生涯健康研究部 主任研究官/吉田穂波さん

国立保健医療科学院で災害時の母子保健システムの研究に従事する産婦人科医、吉田穂波さん。臨床現場へのこだわりと、子育てとの両立のジレンマからハーバード大学への子連れ留学を実現させる。ハーバード留学の中で学んだことは「受援力」。助けを求めることの重要性を、シビアな異国の地で痛いほど感じた。「時間がないからこそできる」という...

4207
重症心身障害児たちにとっての「隣のおばちゃんの家」。-特定非営利活動法人ほこっと 理事長 松井綾子さん

重症心身障害児たちにとっての「隣のおばちゃんの家」。-特定非営利活動法人ほこっと 理事長 松井綾子さん

八王子市の住宅街に、特定非営利活動法人ほこっとが運営する「こあらくらぶ」がある。重症心身障害を持つ子どもとその家族の支援が、主な活動内容だ。理事長で、組織の立ち上げ人である松井綾子さんは、娘さんが呼吸不全で誕生してから入退院を繰り返し過ごした幼少期に、病院で重症心身障害児の子たちと出会い、その親御さんたちとの交流を続け...

5363
絵が紡ぐ、病室のコミュニケーション。-エピソーディングアート代表 佐藤瑞香さん

絵が紡ぐ、病室のコミュニケーション。-エピソーディングアート代表 佐藤瑞香さん

チョークアートという技法を用い、物語を1枚の絵の中に表現する人がいる。その絵を見た人たちから新しいコミュニケーションが生まれてほしい。そんな思いを持ちながら活動を展開する佐藤瑞香さんは、自らの絵を「エピソーディングアート」と呼ぶ。佐藤さんが今、自分の活動の場として注目するのは病院などの医療機関や高齢者福祉施設。「癒し」...

死は終わりではない。抱きしめて看取り、始まる新しい命。-一般社団法人日本看取り士会 代表 柴田久美子さん

死は終わりではない。抱きしめて看取り、始まる新しい命。-一般社団法人日本看取り士会 代表 柴田久美子さん

「最期は自宅で迎えたい。」このような希望を持つ人が増えてきて久しい。ただ、その希望をかなえる環境が十分に整備されているとは言い難い状況だ。現に8割の人は自宅での最期を望んでいるものの、実際に自宅で息を引き取る方は13.6%だと言う。この差を埋めるため、「看取り」に関わる専門家を養成するカリキュラムを提供し、全国で看取り...

8123
終末期をナースと暮らそう。-ナースさくまの家 代表 佐久間洋子さん

終末期をナースと暮らそう。-ナースさくまの家 代表 佐久間洋子さん

「ナースと暮らすシェアハウス」。そんなコンセプトの家が三鷹市にある。 運営する看護師の佐久間洋子さんは、病院、在宅、施設と様々な状態の患者を診てきたベテランだ。豊富な経験から行き着いたのは、「終末期を在宅で過ごすのは素晴らしい」ということ。とはいえ、病院でもない、施設でもないかたちを作り上げるにはたくさんの紆余曲折を経...

病院の中にも日常を。食空間の演出で笑顔を引き出す。-cantik代表 山西智香さん

病院の中にも日常を。食空間の演出で笑顔を引き出す。-cantik代表 山西智香さん

元看護師でありながら、現在はテーブルコーディネートサロン「cantik」を主宰する山西智香さん。定期的に自宅サロンでテーブルコーディネートの教室を開いている。まったくの異分野へのキャリアチェンジを果たしたかのように思えるが、その活動の場は自身が働いていた医療現場にも広げたいという。「病院にも日常を感じるエッセンスを提供...

国境なき看護師の挑戦―International Clinic 看護師 山本ルミさん

国境なき看護師の挑戦―International Clinic 看護師 山本ルミさん

賑やかな六本木の繁華街から少し離れ、各国の大使館が集まる場所にそのクリニックはある。高い塀と木々に囲まれ、「International Clinic」の看板がなければ、およそ病院とは気づかないだろう。洋館の佇まいは「グランマの家みたいだ」と訪れる患者にも好評だと看護師の山本ルミさんが楽しそうに話す。「ここは外国人の患者...

Return Top