Toggle

子育て

サイト閉鎖のお知らせ

諸般の事情により、2021年5月末日をもちまして「チャンスクリエーター」を閉鎖させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして、スタッフ一同、深く感謝するとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。
「受援力」―助けを求め、開く道。-国立保健医療科学院 生涯健康研究部 主任研究官/吉田穂波さん

「受援力」―助けを求め、開く道。-国立保健医療科学院 生涯健康研究部 主任研究官/吉田穂波さん

国立保健医療科学院で災害時の母子保健システムの研究に従事する産婦人科医、吉田穂波さん。臨床現場へのこだわりと、子育てとの両立のジレンマからハーバード大学への子連れ留学を実現させる。ハーバード留学の中で学んだことは「受援力」。助けを求めることの重要性を、シビアな異国の地で痛いほど感じた。「時間がないからこそできる」という...

4141
一緒に育ち合う保育施設を。-特定非営利活動法人こどもコミュニティケア 代表理事 末永美紀子さん

一緒に育ち合う保育施設を。-特定非営利活動法人こどもコミュニティケア 代表理事 末永美紀子さん

神戸の閑静な住宅街に、ひときわ明るい色の建物がある。「ちっちゃなこども園にじいろ」だ。この保育園を運営するのは、看護師の末永美紀子さん。看護師と保育園という組み合わせは意外な感じもするが、ここは障がいや病気を抱える子どもも一緒に生活する保育園なのだ。末永さんは何をきっかけにこの保育園を始めたのか。またその時、キャリアの...

地域に安心を。新しい看護師の働き方ー全国訪問ボランティアナースの会 キャンナス代表 菅原由美さん

地域に安心を。新しい看護師の働き方ー全国訪問ボランティアナースの会 キャンナス代表 菅原由美さん

全国訪問ボランティアナースの会 キャンナスの代表を務める菅原由美さん。自身の育児、身内の介護体験から、有償ボランティアの訪問看護を立ち上げた看護師だ。度重なる制度改正や行政との対立、そして2011年の東日本大震災での被災地支援。多くの壁を乗り越えた菅原さんは、地域の課題を解決する方法は、「生活の視点で人を見る看護」だと...

知らないと損をする医療界の転職事情ー今は100%納得できる働き方ではなくても、決して無駄になることはない

知らないと損をする医療界の転職事情ー今は100%納得できる働き方ではなくても、決して無駄になることはない

―ブランクからの復帰をマイナスと捉えられないために 出産・育児で一度退職をして、子どもが大きくなってからまた職場に復帰しようという方は多いものです。少し前までは看護師不足ということもあり、事業所も育児との両立の理由から非常勤での勤務を希望する方の受け入れに対し、積極的でした。しかし、前回のコラムでもお伝えしたように看護...

Return Top