Toggle

サイト閉鎖のお知らせ

諸般の事情により、2021年5月末日をもちまして「チャンスクリエーター」を閉鎖させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして、スタッフ一同、深く感謝するとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

人の最期に関わる職業、看護師の魅力。ー小林光恵さん

人の最期に関わる職業、看護師の魅力。ー小林光恵さん
Pocket

看護師から一転、出版社に編集者として勤務し、現在では独立して20年以上のキャリアを持つ小林光恵さん。まったくの異業種とも思える世界へのキャリアチェンジを経た小林さんは、執筆活動に留まらない分野へと活動の範囲を広げている。亡くなった方のケアへの疑問から立ち上げたエンゼルメイク研究会の活動も、その一つだ。看護師として働いた年数は少ないが、だからこそ今日に至るまでの生き方の根幹を支える強烈な経験として心に残っているという。小林さんの生き方に影響を与えた経験とは何だったのか。

 

小林光恵さん

小林光恵さん

 

なんとなく選んだ看護師の道。

―小林さんが看護師という職業を選ばれたきっかけは何だったのでしょうか?

看護師という職業を幼い頃から考えていたわけではありません。直接的な理由は大学受験に失敗したから。大学進学以外の進路を選択しなければならない状況になり書店に行くと、保健師という職業を知ります。調べてみると保健師になるには看護学校から保健師学校に進むのが主流だと知りました。そこで、まだ願書の受付が間に合う看護学校を受験して入った、という流れでした。ですから、看護師に特別強い思い入れがあったわけではありません。

ただ、看護学生時代は、今振り返っても「人生で一番頑張った時期」と言えるくらい大変でした。高校までは何となくふわふわと生きていましたが、看護学校に入学した途端、試験や実習が大変なのはもちろん、扱うテーマは人の生死。今でも、看護大学や学校での講演に呼ばれるときは「看護学生時代を乗り越えたという経験は後に自分の大きな支えになる」と話しています。

―強い思い入れがなく進んだ看護の道で、人の命に接する仕事ということに恐怖はありませんでしたか?

看護学校を卒業して就職した病院は2年で辞めました。2年というと、ほとんど何もできない新人です。見た目は穏やかに笑っているように見えても、心の中では「自分だけまだ何もできない」という状態が恐ろしくて仕方ありませんでしたし、毎日ビクビクしながらプレッシャーを感じていました。今のように携帯電話もありませんので、気軽に同期と連絡を取ることもままなりません。ただ、不思議と患者さんの命に関わるのが嫌だという気持ちはありませんでした。離職する若い看護師の心情に似ている面があるのかもと思っています。看護師はキャリアを重ねると動じなくなると言われることがありますが、それは決して人の死に慣れるということではないと思います。人は亡くなる時に色んなことを教えてくれます。その死の間近で関わることができるのは看護職の魅力の一つだと思っています。当時の先輩の看護師の方たちも同じように考えていたのかもしれません。看護学生時代には、実習で短期間だけ受け持った患者さんが急変すると、その病院の看護師が学校に連絡をくれて、ご家族の許可を得て立ち会わせてくれたことがあります。看護学生と勤務時代を含めても5年ほどしか直接臨床看護に関わっていませんが、短かったからこそ強烈な印象として今でも残っている部分もあると思います。本当に良い勉強をさせてもらいました。

 

人の命と関わることで芽生えた、今の生き方の下地。

―その後、出版の世界に踏み込まれたきっかけも、看護師として経験したことが影響しているのでしょうか?

看護師になって学んだことは「人は日常の中で死ぬ」ということです。ドラマではストーリの中で、人の死は仕立てられて演出されますが、現実の世界では時にたんたんと、時にあっけなく、いずれにしても日常の時間の中で亡くなるのです。私は看護師になるまで身近な人の死に関わった経験がなかったのですが、人の死の現実を肌身に感じたことで、自分の生き方がガラリと変わりました。やってみたかったことをやらないことで後悔をしたくないという想いが芽生え、自分の頭で考えて挑戦しないともったいない、と考えるようになったのです。だから、やってみたかった本の仕事に挑戦しようと考えました。

勤務していた病院を辞めてからは、編集者を養成する日本エディタースクールに通い勉強を始めました。卒業してから出版社に勤めます。ある日、普通の女の子が看護師になった経歴と、辛かったことと楽しかったことに溢れた看護師時代の話を熱心に聞いてくれた方が、本にしてみようと勧めてくださいました。当時、等身大の看護師を描いた本が少なかったということもありますが、看護師として過ごした時間は私にとって忘れられない経験が詰まっています。それを本にしたいという自分自身の想いにも後押しされたように思います。

―その後、著書を何冊か出版されていますが、発信していきたいテーマは看護に関わることなのでしょうか?

まず第一に「面白くしたい」ということがあります。面白くなければ読んでもらえませんし、面白さや読みやすさが自分の持ち味だとも思っています。私は元看護師という外の立場で医療・看護に関することを書いていますから、王道ではない、些末だけど大事だよね、ということをテーマにしていきたいと思っています。エンゼルメイクの検討もその一つです。また、書く中でケアの現場で働く看護師がすごくかっこいいということも見えてきました。だから、看護に携わる人に、「本当に良い仕事を選んだよね」ということも伝えていきたいと思っています。大変なことは多いけど、それを超えるだけの魅力は十分に備わった仕事なのではないでしょうか。


医療は社会情勢の鏡である。

―エンゼルメイクに関する活動について教えて下さい。

亡くなった方へのケアに関しては、病院勤務をしている時から疑問を感じていました。診療報酬上の医療は患者さんが亡くなるまでが範囲。ですから亡くなった患者さんをどうケアするかは、微妙な位置づけとされてきた面があります。看護師も患者さんが亡くなることに対する残念な思いがありますが、それ以上にご家族の喪失感はそれとは比べられないほど大きいもので、ご家族へのサポートも重要です。しかし、これまで医療現場ではご家族の、「亡くなったその人に何かしてあげたい」という気持ちなどさまざまなご意向に寄り添えていなかったと思います。40歳でエンゼルメイク研究会を立ち上げたのは、病院から離れた自由に動ける立場であれば検討しやすいと考えたからです。それでも最初は周囲からの風当りは厳しいものでした。ただ、2004年に検討成果を本にまとめて発表したところ、大きな反響があったのです。それ以降、月に3件程のペースで全国の病院で講演やセミナーに呼ばれています。現場の看護師たちも同じような疑問を抱えていたものの、アクセスできる情報源がなかったこと、またご家族の意向も受け入れるようになってきたということが理由のようです。

最近は家族の死を近所に知られたくないという人も増えてきています。死は究極のプライベートですから、亡くなった方を病院から自宅にお連れしないことや、通夜・告別式をやらないケースも少なくないようです。こうした「喪の作業」を省略することにより、人の死を実感する機会が減っているのではと考えています。たとえば、最近の子供たちの中には、人にはスイッチがついていて、それを切ると死ぬ、入れると生き返ると考えている子もいるそうです。やり直しがきくと考えているので、人の命の重さを感じない。でも、人は死んだら生き返らないのです。

看取りは人間の営みの一つであり、人間として当たり前のことだと思っています。だからこそ、人の命や人生にかかわっている看護師という職業は本当に魅力的です。よく「医療は社会情勢の鏡」と言われますが、看護職はそれを意識して創造していく仕事だとも思います。

―最後に、小林さんにとって看護とは何でしょうか?

それを考える上でナイチンゲールの「病気とは回復過程である」という言葉は参考になると考えています。看護とは人の体調や生活をベストなコンディションにするための様々なサポートです。亡くなる直前も人は回復しようと生きていますから、それを援助することが看護師ではないでしょうか。

その人が生きている、ということに価値を置かなければ真っ直ぐに関わることは難しいと思います。

今後も、私だからできる分野、視点を少し変えることで見えてくるものを発信していきたいと考えています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小林光恵(こばやし・みつえ)元看護師、作家、行方大使。茨城県行方市玉造生まれ。つくば市在住。1982年東京警察病院看護専門学校卒業。

看護師として東京警察病院、茨城県赤十字血液センターに勤務した後、出版関係専門学校を経て、編集者として各出版社に勤務。1991年に独立し執筆中心となる。2001年からエンゼルメイク研究会代表。

主な著書に『死化粧(エンゼルメイク)―最期の看取り』(宝島社)、『ナースマン』(角川文庫)、『看護<真実>辞典 TRUTH』(ライフサポート社)など。マンガ『おたんこナース』の原案・取材も担当する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

●記事の内容は取材当時の内容であり、現状は異なる可能性がございますので予めご了承ください。

7670
Return Top