Toggle

スキルアップ

サイト閉鎖のお知らせ

諸般の事情により、2021年5月末日をもちまして「チャンスクリエーター」を閉鎖させていただきます。
これまでのご愛顧に対しまして、スタッフ一同、深く感謝するとともに心より御礼申しあげます。

長らくのご愛顧誠にありがとうございました。

看護師から臨床アロマセラピストへの挑戦ーココカラサロン大高店 北條佐智子さん

看護師から臨床アロマセラピストへの挑戦ーココカラサロン大高店 北條佐智子さん
Pocket

aoawch0p_03

ココカラサロン大高店 北條佐智子さん

婦人科のドクターが監修するサロン「ココカラ」。その大高店の店長として、「臨床アロマセラピー」を提供する北條佐智子さんは、大学病院のICUや急性期病棟に勤務し、さらには健康管理センターや自治体での保健師経験もあるバリバリの元看護師だ。なんと看護教員として多くの看護学生を医療の現場に導いてきた経験もある。そんな北條さんが臨床の現場を離れ、「臨床アロマセラピー」のプロフェッショナルを目指したのはなぜか。

現在に至る道のりにあったのは、「人との出会い」だった。

 

【もっと患者さんに寄り添うにはどうすべきか。自問自答の日々】

看護師として在職中はまさに医療の最前線で活躍をしてきたが、そんな現実の裏では、「もっと患者さんに寄り添ったケアをしたい」という思いが頭を離れなかった。

「治療による苦痛に耐えるだけではなく、現代医学では救われない、コントロールできない症状に苦しんだり、『魂の痛み』とも言われるスピリチュアルペインにも耐え続けている患者さんに数多く出会ってきました。もっと患者さんの声を聴き、心身の苦痛を和らげるケアをするために、自分はどうしたらいいのか。仕事以外にも自ら学んでいきました。」

 

【目指したいケアはここにある。臨床アロマセラピストへの道】

仕事のかたわら、医療行為では解決できない患者さんへのケアを学び続けた。ある研究会に参加したときに、今後の人生の方向性を決める人と出会う。ホリスティックケアプロフェッショナルスクールの相原由花学院長だ。「自分のやりたいケアがここにあると感じました。だから迷わず臨床アロマセラピストになる道を選んだんです。」

スクールに通い、臨床アロマセラピストとしてのキャリアを新たにスタートした北條さんは、自分のキャリアを確実なものへと導くことになる、もう一つの出会いを経験する。「ココカラウィメンズクリニック」の伊藤加奈子先生だ。女性のための癒しと医療の総合施設であるココカラウィメンズクリニックでは、当時、病院の敷地内にアロマセラピーサロンを開設予定だった。病院の入院患者へのケアができる全国でも珍しい展開と、北条さんの高い志が合致し、北條さんは「ココカラサロン大高店」の店長として、新たな道へと一歩を踏み出すことになる。

勉強したとはいえ、未経験の分野に飛び込むことは容易ではない。開店当初は思うようにいかないこともあり、先がまったく読めない不安もあった。それを乗り越えられたのは、信じた道を貫こうとする信念と、周りの支えがあったからだ。

ココカラサロン大高店は2012年2月20日にオープンし、開店から早1年半が経過した。最近では、サロンでの施術はもちろん、病棟デイルームで患者さんへのハンドマッサージ、病室や助産所への出張アロマ、アロマ講座の開講など、様々な場面でのケアを試みている。

304081_392467130820404_1004149154_n

【一時でもいい。苦痛を手放せる時間を。】

臨床アロマセラピストとして新たなスタートを切った北條さんが一番大切にしていることは何か。「病気を抱え、心身の苦痛に耐え、それらが癒されずにいる患者さん、そして家族に、苦痛から解放される時間を一時でも作ることができるケアをしたいんです。」

北條さん自身の向上心は尽きることがない。英国看護師・臨床アロマセラピストのJane Bukkle先生に指導を仰ぎ、どんな患者にでも対応できる‘M’technique®も学んだ。医療では解決できないことの葛藤を抱え、模索しながらもようやく見つけた臨床アロマセラピストという使命。臨床
アロマセラピストのケアは、患者のみならず家族をも癒す。

アメリカではアロマセラピーは看護介入として明記され実践され始めているが、日本ではホスピスや緩和ケアで取り入れつつあるものの、補完代替療法の考え方はまだまだ始まったばかりだ。「アロマは医療・看護で大きな役割を果たせる。」北條さんの挑戦はまだまだ続く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【プロフィール】
北條佐智子(ほうじょう・さちこ)/臨床アロマセラピスト、看護師・保健師
ICU・急性期病棟、健康管理センター、自治体の保健師業務、看護教員の経験を経て、臨床アロマセラピストの道へ。2012年より、ココカラサロン大高店の店長として従事、ご利用者さまからは、おだやかな対応ときちんとしたセルフケア指導が評判。現在は、店長業務をこなしながらケア向上を目指し、さらなる技術を習得中。

●婦人科ドクターが監修するサロン「ココカラ」 ココカラサロン大高店
http://www.coco-kara.net/salon/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

●記事の内容は取材当時の内容であり、現状は異なる可能性がございますので予めご了承ください。

Return Top